専業主婦がお金を借りるには

お金を借りたいなら

専業主婦の方でもお金を借りたいケースって多いですよね。
主婦の方の場合、どうしても借りれる金額や、借りれる金融業者というのが限定されてきます。
そして、結局私は借りれるの?という問題もありますね。

 

中でも、こういう理由の場合は借りれるのかしら?というところが気になります。
専業主婦の方が借りやすい、使用目的、借りにくい使用用途はあるのでしょうか?

 

 

「やむを得ない事情」があると融資を受けやすくなる

専業主婦が銀行系消費者金融を利用する際、用途を確認されます。
用途次第では、融資を受けられない事もあり得ます。

 

融資を受けやすくなる用途としては、以下の「やむを得ない事情」が挙げられます。

 

○医療費

 

医療費は、突如入院しなければならなくなったなど、想定外の出費の筆頭です。
額によっては、消費者金融のお世話になる事は避けられないでしょう。

 

○冠婚葬祭

 

冠婚葬祭の中でも、通夜・葬儀は突然行われる上に、ご霊前などの出費があります。
普段から貯蓄していても、定期預金などはその場で工面する事ができず、消費者金融に駆け込む事も十分考えられます。

 

共通事項として、日常生活での困窮はなくとも、まとまった現金をすぐに用意できず、借金しなければならなくなった事が挙げられます。
そのため、金融機関は借り手が返済できなくなる危険性は低いと判断します。
そして、お金を借りる事が容易になるわけです。

 

 

融資を受けられない・渋られる要因

もちろん、融資を受けられない・渋られるケースも存在します。

 

○パチンコ・競馬などの賭博行為

 

融資を断られる要因の代表格です。
「個人のお小遣い」で楽しむのであればまだ良いでしょう。
しかし、その資金を借金で工面する人は、金銭感覚が崩壊しているとか、自身でお金を管理できない人と断定しても過言ではありません。
そんな人が金融機関から借金する事は不可能です。
申請時の利用目的が賭博行為だと、100%に近い形で融資を断られます。

 

 

○日常生活での困窮

 

実はこれも、融資を渋られる要因の一つです。

 

生活面での困窮は、「やむを得ない事情」と思われる事もあります。
ただ、生活困窮を理由に借金をしても、日常生活が良くなる事はないでしょう。
むしろ、借金返済が日常生活をさらに圧迫すると考えられます。
日常生活の改善方法は、旦那の昇給・節約以外にありません。

 

要するに、日常生活での困窮を理由に融資を申請する人は、借金返済が難しくなると思われるため、金融機関も融資をためらいます。
本当に生活困窮が要因であっても、冠婚葬祭だとか医療費目的で申請した方が無難です。

 

 

いくら借りれるかは、「旦那の承諾の有無」によって大きく異なる

 

まず、専業主婦は就業して収入を得ていない主婦の事です。
つまり、「無職」という扱いになり、収入もまったくありません。
ですから、無収入の専業主婦は、年収の3分の1を上回る借金を禁止する「総量規制」の範囲内である消費者金融からお金を借りる事は不可能です。

 

ただし、旦那がOKを出している場合、旦那が得ている収入の3分の1を上限に借りられます。
旦那の年収が300万円と仮定すると、借り入れ上限額は100万円となります。
借り手本人が専業主婦でも、旦那がOKしていれば100万円まで借りられるわけです。

 

しかし、旦那の収入証明書・同意書などの書類が必須なので、隠し通す事は不可能です。

 

 

旦那にバレずに借りるなら?

旦那にバレる事なくお金を借りる方法は何でしょうか?

 

前提として、「総量規制」が適用されている金融機関からの借金は不可能です。
ところが、銀行系消費者金融であれば、融資を受ける事が可能です。
一般的に必要な収入証明書・同意書もいりません。
また、旦那の職業確認をしない消費者金融も、多数存在しています。
専業主婦専用枠があるところは、さほど厳格な審査基準がなく、容易に借りられます。

 

ただ、専業主婦による銀行系消費者金融からの借金は、だいたい10万円から30万円が限度です。
50万円まで借りられる消費者金融も存在しますが、上限額50万円としながらも実際は50万円未満の融資となるケースが大多数を占めています。
滞りなく返済を続け、十分な信頼が得られると、本当に50万円まで借りられる事もあります。

 

旦那にバレないよう消費者金融からお金を借りたいのであれば、良くて30万円が限度と捉えて良いでしょう。
それでも足りないのであれば、旦那とよく話し合い、借金の許可をもらった方が賢明です。
むしろ、そこまでまとまった資金を要する場合、十分な話し合いは避けられません。

専業主婦がお金を借りるには?金額、借入理由などどうする?記事一覧

無収入の専業主婦でも、銀行系消費者金融を利用する事はできるのでしょうか?銀行系消費者金融とは、銀行系カードローンのことです。実際に検索してみたところ、このような実体験が多く見られました。「専業主婦でも利用可能と明示されている銀行系消費者金融に申請したが、審査に通らなかった」専業主婦でも利用可能と謳う消費者金融も、厳格な審査を設けているところも存在するようです。絶対借りたいのであれば、なるべく緩い審...

借金をする専業主婦は、旦那にバレないように消費者金融を利用する人も多く存在します。こっそり借金した事が旦那にバレると、大抵は夫婦喧嘩に発展すると思われます。そのようなトラブルを回避するためにも、旦那にバレないようにしなければいけません。ところで、旦那にバレてしまう主なケースは何でしょうか?旦那が郵送されてきた物を見てしまう消費者金融にオンラインで申請すると、専用のカードが送られてきます。また、「防...

旦那が借金を抱えている状態で、妻が借金をする場合、いくらまで借りられるのでしょうか?このケースでは、法律で定める「総量規制」に基づいて判断する事になります。総量規制では、年収の3分の1を上回る借金を禁じています。旦那の年収が300万円と仮定すると、借り入れは100万円が上限という事です。さらに、旦那がすでに50万円を借金している場合、今後の借り入れ可能額は50万円となります。妻が借金をする際も同じ...

無収入の専業主婦が200万円を借りる方法は何でしょうか?まず、専業主婦が200万円もの大金を借りる時点で、旦那に隠し通す事はほぼ100%無理です。銀行系消費者金融、いわゆる銀行系カードローンですね。そうしたところからならば、収入証明書や同意書がなくても借金は可能です。ただし、だいたい10万円から30万円までしか借りられず、良くて50万円が限度です。借り入れ可能金額については別のページでも紹介してい...

専業主婦が銀行系カードローン、つまり銀行系消費者金融から融資を断られる要因は何でしょうか?特に多いケースとして、「専業主婦は無収入である」という点が挙げられます。専業主婦は「職に就いていない主婦」を差す言葉なので、無職に分類されます。金融機関にとって、「専業主婦への貸し付け=無職への貸し付け」なので、当然ながら厳格な審査を設けており、審査に通ったところで融資額もたかが知れています。専業主婦が融資を...

一家の家計を預かる専業主婦にとって、手元のお金が不足すると、借金も選択肢の一つとなります。そんな時、「家計をうまくやり繰りする事は主婦の責務」「旦那の負担を増やしたくない」「借金はしたいけど旦那には秘密にしておきたい」などと考える人は少なくないと思われます。借金をする際、旦那への連絡の有無は非常に重要なポイントです。肝心の借りる所ですが、銀行系消費者金融が唯一の選択肢となります。無収入の専業主婦は...

無収入でも借り入れ可能な銀行系消費者金融から、専業主婦が借金するとなると、何社まで可能でしょうか?(ここでは銀行系消費者金融とは、銀行のカードローンのことを指します)答えは「状況による」です。金融機関は、審査を通じて借り手がどういう人物か判断し、実際に貸し付けるかどうか決めています。しかし、1社のみ借り入れ可能となる人もいれば、複数の金融機関から借り入れ可能となる人もいます。基本的に、4社を上回る...

無収入の専業主婦であっても、旦那に隠しつつ銀行系消費者金融、すなわち銀行系カードローンから借金できます。時には、3社から借金する主婦の姿も見られます。しかし、複数の金融機関から融資を受けられたからといって、安心できるわけではありません。なぜかというと、受ける融資が多ければ多いほど、返済が難しくなるのが普通だからです。これが「多重債務」です。多重債務を抱える専業主婦が多い要因は、極めて単純明快です。...